平河総合戦略研究所歴史と文化溢れる本来の美しい日本を!プライドある日本人に還れ!

平河総研とはメールマガジンイベント情報・写真集
『甦れ美しい日本』

当研究所理事・顧問その他ゲストが、政治・経済・科学・安全保障・情報技術・社会・教育・文化などの分野の最新のトピックをもとに小論評を週に1回程度無料で配信します。

メールアドレスを入力してください



◆◇◆平河総合戦略研究所メルマガ◆◇◆(2005年2月19日 創刊号NO 001号)
甦れ美しい日本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

1.松永太郎コーナー 日本のスピリチュアリティ
2.奥山篤信コーナー 誇りと怒りを忘れた日本人
3.西山弘道コーナー 近頃の日本人の顔
4.佐藤守コーナー  「戦いを恐れぬ覚悟」を持て!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────────────────────・・・・・☆

-------------------------------------
1.松永太郎コーナー
 日本のスピリチュアリティ
-------------------------------------
 今、先進各国で「スピリチュアリティ」という言葉が注目されている。精神性とか霊性というふうに訳されているが、日本で、この言葉は、星占いであるとか、天使がどうしたとか、なにやら空恐ろしい話を連想させやすい。実際、「スピリチュアリティ」と銘うたれて書店に並んでいる本の多くは、玉石混交、あるいは石石混交であって、どうしても真剣な読者は敬遠するであろう。

 現在、日本(人)の抱えている不幸の一つは、戦後、一切の精神性にかかわるものを教育の場から、ひいては社会から排斥ないし抑圧しようとしたことによって、逆に、私たちのほとんどが、精神性や霊性という次元をどのように見たら、よいのか、ほとんどわからなくなっていることにある、と思われる。星占いやカルトが流行するゆえんである。

 先に述べたように、先進各国では、いわゆる「心の健康」を考える場合、あるいは成人の精神的な発達というものを考える場合、この次元を視野におさめるようになってきている。わたしは、このあまり注目されていない現象が、じつはルネサンスに匹敵する出来事であると考えている。以下では、そのことを考えていきたい。そして今の日本における「スピリチュアリティ」のありかを考えていきたいと思っている。

 精神性ないし霊性という次元が抑圧されてきたのは、実は戦後日本だけのことではない。

多くの人が気づかれると思うが、「西欧近代」そのものが、この次元を抑圧してきたのだった。すなわち約300年近く、世界、あるいは世界の指導的な各国は、精神性という次元を抑圧してきたのである。そのもっとも極端な例が、ソヴィエト連邦をはじめとする社会主義各国であった。モンゴルにおけるラマ僧の虐殺やチベット仏教の大規模な破壊を見ると、そのすさまじさがわかる。

そして多少とも「西欧近代」(における支配的な考え方)に対する抵抗が残っていた日本においても、敗戦後、完全にアメリカ伝来の「民主主義」なるものを純粋培養的に、あるいは観念的に取り入れた結果(戦前の日本は「軍国主義」で、戦後、それを悔い改めた結果、「民主主義」になったというのは、戦後最大の神話であるが)、先に述べたように、こうした次元を教育の場から、ひいては社会から、除去しようとつとめてきたのである(社会主義者、マルクス主義者たちがそれと結託したのは不思議ではない)。そして、今、私たちは、アメリカの大統領が事あるごとに神を引き合いに出すのを、何とも理解できない現象であるかのように見ている。

 精神性という次元は、宗教ともちろん関係があるが、宗教そのものではない。非常に簡略化して述べるとすると、古来(ほぼ人間世界が始まって以来)、世界のあらゆるところで、人間は、

「人間とは、身体、心、魂、神という多次元的な存在である」という認識を持っていた。神という言葉も非常に問題が多いが、少なくとも身体、心、魂、Body, Mind, Spirit,あるいは、地、人、天、あるいは身・心・神という次元が、人間の世界を構成するとみなされてきたのである。精神性とは、この3つめの次元を指す。

 この3つ目の次元を専門に取り扱ってきたのが、世界どこでも宗教であったというのが、精神性と宗教の関係である。そしてこの3つ目の次元を切り落としたのが、後でも述べるが、「西欧近代」なのである。 

けれども宗教というのは、すこし、そういう本を読んでみるとすぐにわかるが、すくなくとも教義の面から見ると、果たしてこれを同じものとみなしていいのか、といっていいほどに違う。とくに仏教と西方キリスト教は違う。

 かつて東方キリスト教の神父さんと話したとき、仏教の話になったが、世界は空(

Emptiness)であるという、そんな虚無的な宗教をどうして信じられるのかと言われたので、これはダメだと思った。ダメというのはキリスト教がダメというのではない。そうではなく、この神父さんの「空」に対する認識は、実はヨーロッパに始めて仏教が訳され、紹介されたときの認識なのである。「空」というのは、なにもない(虚無)、ということではない。実は東方キリスト教は仏教に非常に近いのであるが。

 すでに宗教というものを言葉だけで捕らえたときの危険性がわかると思われる。宗教というものを普遍的に捕らえようとすると、宗派的な抵抗に出会うのである。理性的な現代人を宗教から遠ざけてきたものの一つに、こうした宗派性がある。したがって、こうした話に入り込まずに、普遍的なものが個別に現れるものとして、精神性という言葉に注目するのである。私は、日本の文化的遺伝子のなかに、そうした普遍に通じる個別の優れた精神性があるということを実感する。それを少し考えていきたいと思っている。

-------------------------------------
2.奥山篤信コーナー
 誇りと怒りを忘れた日本人
-------------------------------------
"冷静"に、"怒りを表してはならない"などなど、"言うべきこと"も言えない、言わない世代を戦後助長してきた教育がある。そして誇りも同様、誇りこそが差別や軍国主義に結びつく危険な思想だと教える。情けない話だ、これだけ北朝鮮に虚仮にされ、ピョンヤン宣言の前提を踏みにじられても、国家の恥とも思わず(勿論客観的に最初から紙くず宣言であって、そう思い込み騙された方が悪いとも言えるが)未だに冷静に冷静になどと言う。拉致被害者の家族への本当の同情の想いがあれば、怒りこそあれ、冷静になることのほうがおかしいことに気付かない。それに一国だけの制裁では効果がないから制裁は行わないなどと嘯いているが、百歩譲って効果がなくとも、制裁を行うことによる日本の名誉、威信の意思表示が大切なのであって、このことがすっかり欠落している。

真の怒りを失うということは、その裏腹の誇り(英語に訳したプライド)を失うということである。中国人がよくこだわる面子といった類と日本人の誇りの違いは、面子はその個人の自己中心主義の域を脱していない、極めて矮小化されたものである。『俺の面子はどうなるのか?』など誠に下らないもので、日本人古来の誇りの類のものではない。怒るといえば、最近日本でよく見る怒りとは、ゴルフ場で粗相があってキャディを怒鳴り散らす、酒場でサーヴィスが悪いと怒り散す、一方で何かと被害者意識で責任を転嫁して開き直るといったものである。まさに弱いもの苛めの典型であり、人間としての品位の問題である。本来あるべき自分自身、自分の家族、自分の属する組織、自分の属する社会、自分の国家に対する、本当の誇りに基いた怒りではないのである。

日本国家を担うべきはずの政治家を見よ。中国や韓国に行っては、相手方首脳と一緒になって日本政府を誹謗して得点稼ぎをする。野党のみならず与党の売国奴の群れ。国会でわざわざ首相に靖国に行くのか行かないのか執拗に答弁を迫る野党。日本人としての誇りなどひとつも見受けられない。政治家よ、あの堺事件を思い出して貰いたい。フランス外交団の前で、土佐藩に咎はない事情にも拘わらず、当時の力関係でフランス側要求に屈し、犠牲者としてくじ引きで切腹することになったひとりの志士箕浦猪之吉が、見事な切腹を披露し、そのはらわたを掻き出し「フランス人共聴け。己(おれ)は汝等(うぬら)のためには死なぬ。皇国のために死ぬる。日本男子の切腹を好く見て置け」(森鴎外 堺事件)
これこそ誇り高き日本人としての真の怒りであり誇りなのではないだろうか。

そういえば、あのシラク大統領がコルシカでのサッカー試合の際フランス国歌吹奏の際のブーイングに立腹(これは面子ではない国家の威信)席をたったことが、フランスでは共産党から右翼までシラクの取った態度を支持するのである。日本の北京駐在大使はあのサッカーゲームで何を抗議したのか?国家の名誉と威信はこれほど重要なものなのだということを、今こそ日本人は認識して欲しい。誇りと真の怒りを失った人間ほど醜いものはないということを。

-------------------------------------
3.西山弘道コーナー
 近頃の日本人の顔
-------------------------------------

 近頃の映画・テレビで時代劇に出てくる役者の顔、しかも若い俳優のかつら姿はどうも
いただけない。ちょん髷のかつらが似合わないのだ。武士のかつらなのに、顔は今ふうの
イケメン、しょうゆ顔。だから私はNHKの大河ドラマ時代劇を見ない。「新撰組」にし
ても今の「義経」にしても、若い役者たちは熱演しているつもりだろうが、私から言わせ
れば、学芸会の類でしかない。そもそもズラが似合わないからリアリテイーがないのだ。

 思えば、以前の時代劇にはかつらの似合う、いい役者が沢山いた。知恵蔵、右太衛門、 錦之助、千代の介、柳太郎(いや古い)、みなそれぞれかつらがピッタリ似合っていた。
脇役でも素晴らしい役者がいた。例えば、クロサワの「七人の侍」、あの映画で名バイプ
レイヤー、宮口精二が扮する侍は絶品であった。
剣に鍛え抜かれた、ストイックな侍を宮口は、見事に演じた。あの宮口の顔が本当の日本
のサムライの顔である、と今でも思う。

 役者・俳優を見ても、「日本人の顔」は変わってきているのだろう。しょうゆ顔だ、ソース顔だ、食品添加物ではあるまいし、日本人の顔は今や添加物まで成り下がっているのか。あの、品格を持った「サムライ」の顔を見ることは最早出来ないのか。思えば、明治維新から戦前までの日本人の顔は武士の風格が滲み出ていた。坂本竜馬の、遠くを見つめている、お馴染みのあの写真顔は、まさに時代を背負った武士の顔だ。(もっとも、竜馬は当時、梅毒の末期であの広い額は典型的な梅毒症状だったという話もある。暗殺されてよかったのだ。鼻の欠けた竜馬の写真は想像できない)
もう一人、私が好きな顔は日露戦争を勝利に導いた児玉源太郎である。児玉の写真は日露戦争が終わってすぐ撮ったものだが、この後まもなく児玉は結核で死ぬ。死期を悟ったような厳しい表情だが、品のあるまさに武士の顔である。

 現代ではそのような武士の顔はもう見られないのだろうか。品位と矜持を持てなくなった現代の日本人に、あの武士の顔を望むのは無理なのだろう。ただ、たまに政治家、財界人、学者のなかでそういう顔を持った人に滅多にないが、出会う時がある。亡くなった経団連会長の土光敏夫さんがそうであった。矜持と品を持った実にいい、武士の顔をしていた。

政治家ではどうか?いかにも頑固顔の吉田茂、信念を持った岸信介、団十郎の佐藤栄作、いずれも強烈な個性を持ったアクの強い顔だったが、その顔は三角大福の時代までではなかったか。翻って今政治家の顔はどうか。与党・民主党に武士の顔を持った者は一人もいない。民主党はしょうゆとソース顔のイケメン議員ばかり。(岡田代表はしょうゆ顔?)
自民党はしょうゆ顔の小泉氏を筆頭に、ひらめ顔の加藤紘一氏など(失礼!)サムライの顔は一人も見当たらない。低俗で品のない、やわな顔ばかりの政治家が増えたことも、今の政治不信の一つの要因だろう。

政治家には「男の色気」が必要とよく聞かされたものだ。有権者の半数の女性にアッピールするには、「男の色気」が必要ということらしい。その「色気」を一番感じさせたのは、田中角栄氏だったろう。あの油ぎった、野生の男を感じさせる角サンには、確かに女性の圧倒的なフアンが多かった。もう一人、「男の色気」を感じさせたと云われるのは、河野洋平氏だったらしい。もっともそれは新自由クラブ時代までの洋平氏で、自民党に復帰して妥協に妥協を重ねた洋平氏の顔は見事に「悪党ズラ」に変わっていた。

私はNHKの日曜の「のど自慢」を時々見る。それも客席を映す時の聴衆の表情が見たいからだ。屈託なく笑い転げる顔、顔、顔。そこにはまぎれもなく「日本の庶民」の姿がある。(私も含めて)そして、日本には、しょうゆでもない、ソースでもない、まだまだ「いい顔」がある、と確信する。

日本人の「いい顔」を失くしてはならない。誇りと矜持を持った、武士の顔の復権を今こそ望みたい。

-------------------------------------
4.佐藤守コーナー
 「戦いを恐れぬ覚悟」を持て!
-------------------------------------
 二月十日、北朝鮮外務省が『自衛のために核兵器を作った』と声明を発表するや、メディアは一斉に『朝鮮半島情勢の緊張』を伝えたが政府の対応振りは未だに腰が引けている。北朝鮮は既に十数年前からノドンミサイルを配備し、ソウルや東京を『火の海にする』と恐喝していたのに当時は警鐘を鳴らすことも無かった。平成十年八月にテポドンミサイルがわが国上空を越えて発射された時漸くミサイル防衛を取り上げたが、北朝鮮の「無法ぶり」に本格的に取り組み始めたのは、翌十一年三月の能登半島沖の不審船対処、十三年十二月の九州南西海域での「工作船撃沈」事件に続いて、平成十四年九月に金正日が日本人拉致を公式に認めた時からであった。しかしながらそれさえも「北朝鮮は既に核兵器を数発持っているらしいから」と経済制裁には及び腰で、メディアも拉致問題対処は極力穏便にする様自国政府に『圧力』を加えている。今回の北朝鮮の「核保有宣言」についても今迄の情勢ととどのように異なるのか、については少しも判然とせず相変わらず「六者協議」の取り扱いや米国の対応を「注視する」だけで、我が国独自の政戦略立案と「行動」を促す声は全くと言ってよいほど聞こえてこない。これは日本国民が、軍事力を放棄した「占領憲法」に『去勢』されてしまった証拠である。自国民が拉致され、残された家族たち(善良な納税者達)が塗炭の苦しみを味わっていても、全く「手の打ちようがない」(と思い込んでいる)「国家」の対応振りには唖然とさせられる。言うまでもなく国家とは「主権・国民・領土」を保全出来て始めて成り立つもので、そのどれを失っても国家とは認め難い。拉致された国民を強引に奪い返すのが国家であり、それ故に相手が核を持とうと持つまいと『戦いを辞さぬ』決意で臨むことが必要になる。それが出来ない国は近代国家とは言い難い。

 わが国は、「平和憲法」なる「麻薬中毒」にかかり、周辺諸国に完全に軽蔑され好き勝手に利用されてきた。その結果が韓国、ロシアによる領土の不法占領であり、北朝鮮による「拉致と恐喝」であり、皮肉にも「友好関係」を願って多額のODAを貢いで来た中国との対立である。勿論米国との同盟は堅固でなければならないが第一義的に自国防衛と国民保護は日本自身にある事を忘れてはならない。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
巻末までお付き合い頂き、ありがとうございます。
次回の配信は、2月25日(金)を予定しております。どうぞお楽しみに!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
登録内容(メールアドレス等)の変更は、こちらからお願いします。
<http://www.melma.com/mag/12/m00133212//>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールニュース配信の停止は、こちらからお願いします。
<http://www.melma.com/mag/12/m00133212/>

有限責任中間法人 平河総合戦略研究所< http://www.hirakawa-i.org >
発信元:< info@hirakawa-i.org >
掲載された記事を許可無く転載することを禁じます
Copyright(c)2005 Hirakawa Institute
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このページのTOPへ
平河総合戦略研究所
Copyright (c) HIRAKAWA INSTITUTE. All Rights Reserved.